魔力絶対零度

"); infw.document.close(); } //-->
灸洞
作: 灸洞
切ったり、貼ったり、削ったり、叩いたり、捏ねたり、捻ったり、
彫ったり、擦ったり、曲げたり、潰したり、嵌めたり、測ったり、
塗ったり、汚したり、洗ったり、撮ったり、整えたり、戻したり。
そして、やり過ぎたり、落としたり、紛失したり、台無しにしたりします。
 --/--/-- --
-.- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2008/03/25 Tue
2.0 
さて、またも出ました ボーカロイドならぬインストゥルメンタロイドシリーズ(いま考えました)、今回はあの「キイハンター」であります。
サウンド的にはラッパに加えてペンペケギター!ああ、やっぱバンドものは作りやすい(笑)。

なお、作ってる最中にリン・レンが発売されたので、それぞれ「見習い」ということでいちおう参加させています。(頑張って発売日に買いに行ったのにこの扱い)

さて、ついに制作日誌が発表作品に追いついてしましました。もう三ヶ月か。
次回作は……やってますよ。それだけは確かデス。ガンバリます。


 
作品#08【【初音ミクと】キイハンター【ボーカロイダーズ】
 2007年1月5日・1分13秒

◆ お題:
 ・「キイハンター」OP(インストバージョン)

◆ 目標:
 ・インストゥルメンタロイドのさらなるパワーアップ
 ・オリジナルOP映像にできるだけ頼らないこと

◆ 所感:
 実はわたくし、本モノクロ版オープニングの記憶がありませんでした。
(※映像はニコ動より canno3nさんがアップされたものを参考&一部流用させて頂きました。ありがとうございました)

 ま、子供だったし覚えてなくてトーゼン、と思ってたら、いただいたコメントにもありましたが、同い年の友人が「いや、あれは夏になるとお約束のホラーものがあって、毎年 "きたきた" と思って見てた」などと言うではありませんか。うーん、単に私が幼稚だっただけのようですね。そのころぼくはかいじゅうごっこばっかりしてました。

 本作でも皆様の暖かいコメントを頂き大変感激しました。
 なんか、詰め込むだけ詰め込んだ作品に、みなさまが見事にツッコミを入れてくださるのが、もう快感になってしまってやめられません(笑)。いずれまたこの「ネタパターン」も試したいと思っています。

 なお、本作映像では「元映像の画像を『現代モノ』に置き換える」という方針をまず立てました(結局、一部は元映像を流用してしまいましたが)。また、年末年始に勃発した「ロードローラー騒動」のアオリを受け、急遽リンの乗り物を変更しています。

 ちなみに、我が家では、全国の天気予報で、「活発な前線」や「台風××号」が "あの半島" の付近に近づくたびに、大声でキイハンター!」と叫ぶ習わしとなっております。みなさまのご家庭におかれましても、ぜひお試し頂けるとよろしいのではないかと存じます。
 それにしてもニコニコ市場がほぼ「紀伊半島」関連ですね(笑)。

 さて、その差し替えたカットは、ネットネタが多いのですが、一部背景などに自分のデジカメで取った写真も使用しています。
詳細はテクニカルノートをご参照いただくとして、一点だけ。

タイトル部「5人のメンバーが覗き込んでいる場面」に写っているのは、「東京ドームの天井」です。これは、2004/6/5~6に行われた「みうらじゅんin東京ドーム 郷土LOVE2004」という、"ゆるキャラ" 大集合ショー+全国各地名産物産展という、ワケのわからん催しの際に、マウンドからドーム屋根を見上げて撮った写真であります。何が役に立つかわからないものですね。

=== テクニカルノート ===

■ 歌:
 歌詞は例によってオノマトペ。子供がデタラメな唄を歌ってるのとほとんど変わりない(笑)。
 今回は、リン/レン試用第一作ということで、それぞれを隠し味的にこっそり使ってみた。
 まずギター系、主旋律のギターはミク、サイドギターとユニゾンのバッキングをリンとした。サンプリング音源のギターのペンペケ感が気に入っていたので、リンの音量は控えめにした。よく聞かないとわからない程度。
 サックスソロのバッキング時にはミク&リンのユニゾンを左右に振って鳴らしてみた。このときトレモロエフェクトをかけてみたところ、声であるにもかかわらずGS風ギターサウンドとなって面白かった。
 ラッパ系はMEIKO+レンで構成。MEIKOとレンの声のマッチングが良好なので、MEIKOの声質の太さ、レンの立ち上がりの良さがうまくミックスされ、ホーンセクションがなかなかシャープに表現できた。実はそれぞれ四声、MEIKOが左寄り、レンが右寄りの合計八声の無駄にゴージャスなホーンセクションとなっている。元譜面は同じだが、ランダマイズで発生タイミングをずらすことで、結構厚みが出る。その他、フレーズ末の所々にベンドダウンをPITパラメータの手書きで追加した。
 それにしてもカッコいいホーンアレンジだなあ。

■ オケ:
 いつも通り、リズム=LM-4、ギター/ベース=HALionOneで。ドラムの手数が少ないところがなんともいえないレトロ感を醸し出しているので、雰囲気を再現できるよう留意した。

■ イラスト:
 急に登場人物が増えてしまいめんどくさい苦戦した。はちゅね以外は新規描き起こし。MEIKO姐さんにはちょいとアクションシーンで活躍してもらった。デッサンについての苦情は受け付けておりません(笑)。
 「カー狂」のリンは、当初「子供用足漕ぎミニカー」に乗って登場という設定だったのだが、製作中の年末に、あの「ロードローラー音頭」が発表され、私もこれに完全にノックアウトされてしまったので、そんな生ヌルい設定はさっさと廃棄し、急遽RRに差し替えた。(余談:私は乱数Pファン。中でも「乱数系」、特に「ツインテール」がフェイバリット。三半規管をやられるような浮遊間がたまらないです)
 レンは千葉ちゃん役なので、SDキャラとはいえ「濃い」顔になってもらった。いちおう「メイク」でした、というオチ付き。
 なお、かねてよりご要望のあったKAITOを遂に登場させてみた。…やはりニヤケ野郎二枚目のお兄さんを描くのは難しい。つか歌わせてやれよ(笑)。
 ちなみに、ラスト(セスナコックピット内)のシーンに不具合あり。リンのリボンの皺が最後に消えてしまっている。編集中に線の前後の順番が入れ替わってしまったのに気づいていなかった。幸いどなたからもご指摘を頂かなかったがここで自己申告する。

"); infw.document.close(); } //--> ■ 画像:
 とにかく枚数が多くて参った。長くなるので使用画像一覧は<別表>で。  なお、原作OPのうち「ダイナーにオープンカーで乗り付けるメンバーたち」のシーンは、イラストキャラで再現するのが大変な上、面白い演出が思いつかなかったので割愛し、その分、登場人物紹介シーンを水増しして尺を調整した。

■ 映像:
 昔の映像でもあり、音楽と映像切り替えのシンクロは適当なのだろう、などと勝手に思い込んでいたのだが、と~んでもない!そうではなく、実によく計算されていることがわかった。「適当」につないだのでは、全くスピード感が出ないのだ。
 従って、上記のように「水増し」して尺が変わった分、あらたな画面切り替えポイントを見つけるのにやや苦労した。リンのシーンが長めなのはそのため。
 現代のPVなどでは、編集ソフトの進歩もあり、リズムの細部までシンクロさせることが簡単にできるが、昔はフィルムの切り貼りでそれを行っていた訳で、その職人芸に改めて感服した。むしろフレーム単位でシンクロさせるよりも、小節の途中でカットが切り替わることによって、そうしたズレが、えも言われぬアナログ的グルーブ感を醸し出していることなどに気づいた。なんでもデジタルでやればよいというものではないということを改めて痛感した。

■ 仕上げ:
 最終段階で、ホーンセクションの音が歪んでいることに気づき愕然とする。私はコンプ/リミッターの使い方が良くわかっていないため、音圧を保持しながら音量バランスを取るのに苦労した。結局、オケを含め、ほとんど全てのトラックを再ミキシングする必要があった。今回は「ミックスダウン地獄 」にハマり込んだわけである。どうして完成間際でドツボにはまるのだろう。…作者が無計画だからですね。

■ エンコード
 微妙なところで600kbpsを超える値となったので、'Max Frames Btw Keys'をかなり大きめに取った。結果、コマ送りの間隔が大きい映像となっている。「止めて見たい」をコメントをくださった方、申し訳ありません。お手数ですが、flvをダウンロードし、各種ツール等で、各位工夫なさってください m_ _m。それともどこかに高画質版をアップしたほうがいいのかしら。

※エンコード詳細についてはこちら
※使用機材/ソフトについてはこちら


 
スポンサーサイト

コメント

  • FUMO
  • - 2008/03/25 20:42 -
オレが世界一尊敬するブロガー灸洞さんこんにちは。灸洞ストーカーのフモであります。これもいいですよねー。キイハンター自体リアルタイムで見てたもんなー。この作品に限らず製作にはどれ位時間掛かるもんなんですか?
  • 灸洞
  • - 2008/03/26 02:47 -
フモさん
毎度ごひいきにどうもありがとうございます。照れちゃうじゃありませんか///
えーとえーと…ちゃんと計算したことないんですが、このところ空き時間ほぼすべてこれに費やしちゃってるんで、制作時間≒発表間隔とお考え頂ければ、と。もっとも煮詰まってフテ寝してる時間の方が長いかもしれません。音のほうは割と早く仕上がるんですが、動画が…。自分で自分の首を絞めてるカンジです(泣)。寝てる間に親切な小人さんが仕上げてくれないかなあ。

  ≫ コメントの投稿

  •   
  •  
  •  

トラックバック

http://mauschen.blog85.fc2.com/tb.php/26-b6d08af1

 | ホーム | 

Recent Entries

   2017-08   

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
. 2010/04 (2). 2009/08 (1). 2009/07 (1). 2009/06 (1). 2009/05 (3). 2008/12 (1). 2008/10 (1). 2008/06 (1). 2008/05 (1). 2008/03 (1). 2008/02 (1). 2008/01 (4). 2007/12 (2). 2007/09 (1). 2007/08 (3). 2007/03 (8).

Categories

Other Sites




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。