魔力絶対零度

"); infw.document.close(); } //-->
灸洞
作: 灸洞
切ったり、貼ったり、削ったり、叩いたり、捏ねたり、捻ったり、
彫ったり、擦ったり、曲げたり、潰したり、嵌めたり、測ったり、
塗ったり、汚したり、洗ったり、撮ったり、整えたり、戻したり。
そして、やり過ぎたり、落としたり、紛失したり、台無しにしたりします。
 --/--/-- --
-.- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2008/12/01 Mon
5.0 
動画に凝り過ぎてエラい時間がかかってしまいました。
ネギカルシスターズ」にいただいていたコメントリクエストにお答えして、Coldcut/Hexstaticによる "Timber" の改変作品です。「おでん」につづいては「酒」をテーマとしました。



 
作品#10【MEIKO &】呑んべー【vocALCOHOLICS】
 2008年11月22日・4分47秒


◆ お題:
 ・Coldcut/Hexstatic - 'TIMBER' PV

◆ 目標:
 ・エレクトロニックサウンドのVOCALOID化(続)
 ・PVにおけるリズムシンクロと画面特殊効果の学習

◆ 所感:
 音楽メインではじめたはずのVOCALOIDだったのですが、動画編集の方にはるかに時間を裂いていることに気づきました。時間がかかるのは、マシンの非力さのせいだけにしたいところなのですが、ヘタなくせに絵を全部描いたり、元ネタPVを忠実になぞりすぎたり、演出方針が根本的に誤っているとしか言えません。実にくたびれました。
 ただ、オリジナル曲でもないし、しかもメジャーとはいえない本作のようなものの場合、公開しようと思うとどうしてもある程度の動画をつけざるを得ません。とはいえ、こんなペースだと、つくりかけで止まっている次回作も、いつ発表できることか。なにか効率のよい方法を考えないといけないのですが…。

 さて、本作の着手は、前述のように「ネギカルシスターズ」へのコメントで当該曲のリクエストをいただいた08年3月に遡ります。当時、この曲は知らなかったので検索して見つけたのですが、非常に気に入り、同時になんとなくボカロ版のイメージが浮かんできました。この時点では、まだアイディアだけしかなかったのですが、その後、ニコニコ動画での「第14回 VOCALOIDアルバムツアー」へお誘い頂いた直後の6月末に、同じ主催者さまによるイベント「VOC@LOID NIGHT in 北海道(以下『VN北海道』)」への楽曲提供の打診を受け、この曲ならば「比較的簡単に」「ぱっと見カッコよく」作れそうだということと、イベント終了後は「ちょいちょいと作った動画をくっつけるだけで」ニコ動で公開できるだろう、という見通しでネタ選定&着手したものでした。

…甘い!

 音の方はわりとスムーズに完成しました。打診をいただいてから曲完成までは約一ヶ月、動画部分は、原曲PV映像をそのまま使い、歌詞のテロップのみをのせる、という作りとしてとりあえずの体裁を整え、8月頭のイベントになんとか間に合わせることができました。
本来、仕事の合間にコツコツと、という作り方は苦手だったりするのですが、締め切りが設定されていることが功を奏したか、比較的効率よく作業ができたと思います。

問題はそのあとです。当初の予定では、イベント開催直後の8月末までにニコ動で公開するつもりでした。「お手本」動画の構成をそのままマネすればいいわけだから、ちょびっとイラストで人物を入れて、あとは適当に録った実写映像と、写真を適当にコラージュすればすぐにできるはずでした。結果は…トンデモデレデのアッチョンブリケ!

「敗因」は、なんといっても絵を描くのが遅いこと。どうせヘタなんだからもっと速く描きたいんですが、それがどうしてもできません。あまりの遅さに、下絵を一枚描いてはフテ寝、それをちょっと修正してはまたフテ寝、を繰り返して、最後の方は何度投げ出そうかと思ったことでしょう。
また、実写部分の編集も難物でした。タイミング合わせ作業と、画面切り替えエフェクトの作り込みにかなり時間がかかりました。動画編集のエキスパートの方にはなんでもない作業なのでしょうが…。

 とにもかくにも、加齢とともに集中力と根気が衰えてきているのを痛感しました。どうにかせねば、でありますが、妙案は浮かんでいません。ネタは浮かんでもそれを実現する馬力が出ない…今後の最も大きな課題です。


=== テクニカルノート ===

■ 歌詞:
 「さけさけさけさけ」…元PVではノコギリを曵くカット。これは即決。
 と同時にテーマは酒に決定。それ以前は、「焼き鳥」のうたにしようかと考えていた。実際、実写パート用に、鶏モモ肉と砂ギモと焼き鳥のタレと串とネギマ用の長ネギを買い込んで下準備までしたものの、ネギを切るところを撮影しただけで、結局使わずに腐らせてしまった。さっさと食べればよかったw
 歌詞が思い浮かぶ局面はさまざま。サビ「ひとりで呑む酒…」は掃除機をかけている最中に "降りて" きたものの、最後のリンレンパートのほうは、公開直前まで決まらずかなり悩んだ。(VN北海道版では「たかたん、たかたか…」でごまかした)

■ オケとボーカロイドパート:
 最近では「楽曲トレース法」を使用している。原曲をオーディオトラックに貼り付け、それを少しずつ再生しながらリズムトラックから順番に「なぞる」という卑怯な方法w。
 本作は、ほとんどリズムパートオンリーといってもいい作りなので、そのあたりは比較的楽だった。再生の負荷を減らすため、リズムトラックはHHと「それ以外全部」の合計2トラックしか使っていないという、かなりゾンザイな作り。
 リズムパート以外は例によってほぼすべてVOCALOIDで構成した。
  • 「なにか/よんでいる/なにか」…MEIKOのオクターブ2声。
  • 低音ドローン部…MEIKO3オクターブ3声。ただVN北海道提出後の再MIX時に、どうしてももう少し低音域がほしくなり、Cubase付属のソフトシンセ Prologueで補っている。
  • サビバッキング…レン「うー」2~3声&リン「あー」3声の和音で構成。
    それぞれ長い単音を別々にWAVファイルに書き出して、別トラックに並べるという、メロトロンのようなつくり。ここはふつうはサンプラーに取り込む手順か。
    オートメーションでEQを動かして、シンセパッド風の音色になるようにした。
  • ミクの声は、BREを最大にして「塩辛い」感じにした。
  • KAITO、リン・レンはデフォルトのまま。
  • 冒頭のノイズ風バックグラウンド音は、ドイツのカルトバンド、Guru Guru の "UFO" 冒頭部を、ピッチを上げて拝借した。

■ SE:
 すべて自宅録音。台所までマイクケーブルを引っ張っていって、SM-58で録音した。
  • ジョッキ乾杯の「チン」…ワインの空き瓶と焼酎の空き瓶をぶつけた音の2種類合成。
  • 氷の「ガラガラ」…コンビニで買ったロックアイスをかき混ぜた音。時間が経つと氷が溶けて「湿った」音がしてしまうので、録りに失敗するともう一度凍らせなくてはならなかった。
  • サワーを注ぐ「シュワー」…台所の水道の音。泡が混じるタイプの蛇口なので、そのままで炭酸の感じが出て助かった。
  • MEIKOのぶっ倒れる「ドーン」…効果音CDより爆発音を加工。

■ ミックス:
 VN北海道版最終段階では、オーディオトラック数が40くらいになってしまい、自分の非力Macでは完全に再生不能だった。CPUメーターは真っ赤っ赤で、再生すると「ギョ…ワ…ッ…カ・ガガ…グヮ…ゲ…」といった塩梅。よくあの状態でMIXしたと思う。
 公開版ではもう音はいじらず、そのままのつもりだった。しかしリンレンパートの歌詞がまだできておらず、そこを吹き込んでから再MIXせざるを得ないことにあとから気づいた。
 で、どうせやるなら、ということで、トラックをまとめたりまたバラしたりしながらいろいろいじったものの、なかなか前の版、つまり「闇夜で手探り状態のMIX」より良くならず苦労した。余計なエフェクトを切り、バランスを整え、低音部をシンセで補い、なんとか多少すっきりさせることができたと思う。ただ、曲末、リズムがなくなったあとのパートで、音が一部歪んでいることに公開後気づいたのが心残り。なんで作業中に気づかんのだろう?自分自身が不思議である。
 なお、いまだにEQとコンプの使い方が行き当たりばったりのセオリー無視である。というかセオリーを実現する技術的知識に欠けている。じゃ勉強しろよって話なのだが、どうやって勉強したらいいかわからない(笑)。なんか自分の人生、ずーっとこうなんだよなあ、とここで愚痴っても詮無いことではあるが。いまさら感も強いが、今後の課題であるとは認識している。

■ イラスト:
 各カット3~4枚のアニメでいいから楽だろうと思ったら大間違い。
 ポーズに変化を持たせる必要があるため、「デッサン力」という大きな壁にぶち当たる。しかも登場人物が多い。特にKAITOって描くのが非常に難しい。男は好かんww
 さらに、製作期間が長かったため、初期の絵柄と後期の絵柄が全然異なって困った。最後の段階でギリギリまで修正を加えたが、どうもバラつきが否めない。あと、いくつかの絵は、それはないだろうという出来からどうしても抜け出すことができず、いまでもどうしても自分が許せない(笑)。

■ 実写映像:
 実写動画は全てデジカメの動画撮影機能を使用して自前調達。夜の街を何度か徘徊した。コンビニや酒屋やスーパーにも侵入。また、台車でお酒を運ぶ酒屋さんの「出待ち」がたいへんだった。肖像権をクリアしてないのでクレームが来たら本作は速攻削除である。
 色味がバラバラだったので、AfterEffects上であれこれ調整した。撮影時に気を使っていないから画質もヒドく、編集時にエフェクトでごまかしている。ごまかし切れてないものも多いが。
 静止画像のうち、各種酒のボトル/瓶の半分くらいは、主にネット通販サイト掲載のものをそのまま拝借している。残りは資料用に近所の酒屋で購入したものを自宅撮影。まだ大量に残っている(笑)。
 最後の「日の出」動画は、自宅マンション屋上からの日の出の様子を「手動微速度撮影」したもの。平たく言うと、三脚を立てておいて10秒くらいごとにシャッターを切る、という力ずくのやり方。こんなんばっかだな。

■ 動画編集:
 これまた「元動画トレース」方式を採用している。つまり、元動画を画面隅に小さく表示しておいて、それをお手本に、切り替えタイミングをなぞるわけである。実際には、使用しているカットの動きのパターンが元動画と異なるため、独自に音に合わせる調整が必要になった。とにかくちまちました作業の連続である。
 そして最も時間がかかったのが、サビ部分の背景で「ぐにゃ~」っと画面が切り替わるエフェクトの実現。基本はAfterEffectsの "Distort : CC Blobbiness" エフェクト。雲形模様による短いトランジションアニメーションをグレースケールで3パターンほど作っておいて、これを "Blob Layer" に適用している。加えて、"CC Smear", "CC Flo Motion", "ワープ", "タービュレント・ディスプレイ" といったあたりの変形エフェクトを組み合わせて変化を持たせている。
 もうひとつ、「おかわりちょーだい」の最後、画面に赤い横スジ模様がかぶってくる部分。……解説しようと思って元ファイルを開いたら、なんだかいろいろややこしいことをやっていて自分でもうまく説明できない。実写動画に "ブラシストローク" だの "波形ワープ" だのを何度かかけてパターンを一度ムービーに書き出して、さらにそれを何度か重ねて、変形系やブラー系のエフェクトを加えたものと、背景のアニメーションを色範囲キーイングで抜く、という……自分で書いててわけわからん。あれ?手描きマスク動画もなにか入っているな…。とにかくこれをやってたときは、何かが憑いていたのだろう。だいたいそんなかんじ。ご要望があれば詳細解説を試みるが、ご要望がないことを望む(笑)。
 いずれにしても、上記ふたつの画面切り替えエフェクトの作り込みと、そのレンダリング確認がたいへんだった。非力マシンのため時間がかかって、レンダリング中に寝てしまうこともしばしば。できれば二度とやりたくないな(笑)。

※エンコード詳細についてはこちら
※使用機材/ソフトについてはこちら


 
スポンサーサイト

コメント

  • 霞小路☆
  • - 2008/12/01 07:20 -
待ってました!
やっとブログにうpされましたね^^
てか、動画にそんな苦労があったとは(゚ーÅ)シクシク
  • 灸洞
  • - 2008/12/01 10:37 -
ご愛読いただいているようでどうもありがとうございます!
ブログのほうも、もっとサクっと書ければいいんですけど、すべてにおいて「早さが足りない」のが悩みです (^^;
ほかのひとたちはなんであんなに仕事が速いんでしょうか…。なにかわたしの知らない魔法を使っているに違いない!
  • はじめまして
  • - 2009/01/17 16:07 -
通りすがりですが、感動したので一言。
SEや背景動画も自前調達とは…!制作お疲れ様でした!カッコイイ!
黒豹Pさんのめーちゃん大好きです。
  • 灸洞
  • - 2009/01/18 05:35 -
コメントどうもありがとうございます!
めーちゃん気に入っていただいてうれしいです。
素材、探せばいろいろあるのでしょうが、どうも検索が苦手でして…(笑)
でもデジカメでちょっとした動画は撮影できちゃうんですよね。よい時代になりました。
  • おなまえ
  • - 2009/12/07 23:35 -
この季節にぴったりの曲ですね。

  ≫ コメントの投稿

  •   
  •  
  •  

トラックバック

http://mauschen.blog85.fc2.com/tb.php/30-d7c9c06b

 | ホーム | 

Recent Entries

   2017-06   

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
. 2010/04 (2). 2009/08 (1). 2009/07 (1). 2009/06 (1). 2009/05 (3). 2008/12 (1). 2008/10 (1). 2008/06 (1). 2008/05 (1). 2008/03 (1). 2008/02 (1). 2008/01 (4). 2007/12 (2). 2007/09 (1). 2007/08 (3). 2007/03 (8).

Categories

Other Sites




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。